雑記

CoCo壱食いてー!〜精神が肉体を凌駕した漢〜っていう話

ども、ばしょーです。

CoCo壱食いてー!

って時、ありませんか?

今、僕がまさにそんな状態です。

仕事をしていた時は、時々食べてました。

夜遅くなり、家に帰ってもご飯作る気力がない。

そんな時、頑張ったご褒美に食べるCoCo壱の美味しさたるや、もう……ジュルリ

CoCo壱食いてー!

ところで、みなさんの好きなトッピングって何ですか?

僕はチーズとスクランブルエッグがお気に入りでした。

辛さは2辛で、必要に応じてCoCo壱特製のスパイスをかけてましたね。

そういえば、昔こんなことがありました。

僕が学生の頃、友達同士で連れ合ってCoCo壱に行きました。

店に着くなり、その中の1人(以下A)が言いました。

「10辛食えるもんならゲーム買ったるわ」

『ホンマか、工藤』(※A君の名前は工藤ではありません)

A君は言いました。嘘はつかんと。

因みに、CoCo壱の10辛に挑戦するには、5辛を食べたことが条件とされています。(今はわかりませんが)

もちろん、その場の誰1人、5辛以上のカレーを食べたことがありません。

嘘をつかないと漢を見せたA君に反して、挑戦者全員が嘘をつきました。

当たり前だと思いますが、見るからに学生の集団で、こぞって10辛を頼んでいる時点で、店員さんは察していたと思います。

しかし、面白いと思ったのか、相手にするのも面倒な奴らだと思ったのか、店員さんは何も言わず、用意してくれました。

机の上に並ぶ10辛のカレー。

挑戦者達は一口食べて、察しました。

『こりゃ、ダメだ』

しかし、その中で1人、手を止めずに10辛のカレーを掻っ込む猛者(以下B)がいました。

B君のゲームに対する執着は凄まじく、るろうに剣心でいうところの

『精神が肉体を凌駕している』

状態。

食べ進めるにつれ、顔がだんだん赤くなるB君に対して、だんだん青くなるA君。

ついには食べ切り、B君は見事ゲームをゲットしたのでした。

ちなみに、B君はその後しばらく学校を欠席しました。

理由は、

「ケツがヤベェ」

だとか。

ゲームを手に入れた代わりに、何かを失ったB君。

彼は僕らに教えてくれました。

『ご飯は美味しく食べるのが1番』

だと。

みんなは絶対に真似しないように!食べきれなかったらお店の人にも失礼だしね!

よし、CoCo壱食べに行くか!

以上!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA